発表年月種別著者,発表者タイトルイベント名特記事項
1382021年3月口頭発表○南里敢太,森山裕鷹,中山功一ブロックチェーン上で進化的学習を行うSA-GAによる組合せ最適化第48回 知能システムシンポジウム(計測自動制御学会,オンライン開催)
1372021年3月口頭発表○矢野雄太郎 梶原薪 中山功一スマートフォンを用いたスタンプラリーシステムの開発第48回 知能システムシンポジウム(計測自動制御学会,オンライン開催)
1362021年3月口頭発表○阿部彗菜,大島千佳,中山功一顔認識技術とスケジューラを用いた過去に出会った人との記憶を呼び起こすシステム第48回 知能システムシンポジウム(計測自動制御学会,オンライン開催)
1352021年3月口頭発表○胡 蘇暁,中山功一遺伝的アルゴリズム用いたロボットの経路学習2020年度「火の国情報シンポジウム2021」(情報処理学会九州支部,オンライン開催)
1342021年3月口頭発表○大山達也,佐々木千尋,大島千佳,中山功一合意形成を促進するAIファシリテータ2020年度「火の国情報シンポジウム2021」(情報処理学会九州支部,オンライン開催)
1332021年3月口頭発表○中村 圭助,中山 功一チーム開発における貢献度評価の提案2020年度「火の国情報シンポジウム2021」(情報処理学会九州支部,オンライン開催)
1322021年3月口頭発表○濵﨑亮大,松本晃輔,川端健介,梶原薪,大島千佳,中山功一記憶障害者支援システムのため画像分類アルゴリズム2020年度「火の国情報シンポジウム2021」(情報処理学会九州支部,オンライン開催)
1312020年11月口頭発表〇大山達也,佐々木千尋,大島千佳,梶原薪,中山 功一“ディスカッション支援システムが議論に与える影響の分析”計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2020.(オンライン開催)
1302020年9月口頭発表〇梶原 薪,堀 良彰,中山 功一“静的GTFSの拡張の提案とデータベースでの実装”2020年度(第73回)電気・情報関係学会九州支部連合大会.(オンライン開催)
1292020年9月口頭発表〇濵﨑亮大,中山 功一,大島千佳,林喜章,福田修“スマートエアリアルハンドに向けた連続画像からの差分検知・分類アルゴリズム”2020年度(第73回)電気・情報関係学会九州支部連合大会.(オンライン開催)
1282020年9月口頭発表〇洞秀和,南里敢太,森山裕鷹,中山 功一“SA-GAを用いた家電の制御をユーザに最適化するアルゴリズムの提案”2020年度(第73回)電気・情報関係学会九州支部連合大会.(オンライン開催)
1272020年9月口頭発表〇窪園隆介,福田修,中山 功一,大島千佳,林喜章“スマートエアリアルハンドの実現に向けた深度カメラに基づく把持動作制御”2020年度(第73回)電気・情報関係学会九州支部連合大会.(オンライン開催)※情報処理学会九州支部奨励賞
1262020年8月口頭発表〇中山 功一,大島 千佳,林 喜章,福田 修“在宅認知症者を支援する「拡張認知機能」の提案 ~スマートエアリアルハンド:Sahasraの構想~”第13回アクセシビリティ研究発表会,2020-AAC-013.(情報処理学会,オンライン発表)
1252020年6月口頭発表○梶原 薪,中山 功一“ロケモシェア ~位置情報共有SNS~”2020年度 人工知能学会全国大会(第34回) (人工知能学会,オンライン開催)
1242020年6月口頭発表○木下 拓也,梶原 薪,中山 功一“災害用ARアプリケーションの開発とロケモシェアによる情報共有”2020年度 人工知能学会全国大会(第34回) (人工知能学会,オンライン開催)
1232020年6月口頭発表○脇山 晃希,中山 功一“ドローンを用いた救助支援システムの研究開発”2020年度 人工知能学会全国大会(第34回) (人工知能学会,オンライン開催)
1222020年6月口頭発表○南里 敢太,森山 裕鷹,中山 功一“ブロックチェーンによる自律AIのための遺伝的アルゴリズムの検討”2020年度 人工知能学会全国大会(第34回) (人工知能学会,オンライン開催)
1212020年6月口頭発表○松本 晃輔,川端 健介,大島 千佳,中山 功一“複数カメラ画像からの3次元位置の検知・表示システムの研究開発”2020年度 人工知能学会全国大会(第34回) (人工知能学会,オンライン開催)
1202020年6月口頭発表〇佐々木千尋,大島千佳,梶原薪,中山 功一“カテゴリ別リアルタイム意思表出機能による 議論最終合意への影響”情報処理学会ヒューマンコンピュータインタラクション研究会,2020-HCI-187(30, 29, 2020. (オンライン開催)
1192020年3月口頭発表〇柴田大輔,山口裕,大島千佳,中山 功一“自他の発話に基づく画像検索とアイデア創出の関係”第47回知能システムシンポジウム(計測自動制御学会, ウインクあいち:愛知)
1182019年12月口頭発表〇大島 千佳,田中 竜二,浜崎 亮大,中山 功一“認知症者の介護を支援するシステムの予備検討”第11回アクセシビリティ研究発表会,2019-AAC-11(2.(情報処理学会,早稲田大学:東京)
1172019年12月口頭発表〇西ノ平 志子,大島 千佳,伊藤 靖幸,池田 麻衣,後藤 真由子,中山 功一“障がい者でも長く楽しめる楽器を目指して(2) ~頸髄損傷の障がいのある男性による1年間の試用実験~”第11回アクセシビリティ研究発表会,2019-AAC-11(8.(情報処理学会,早稲田大学:東京)
1162019年8月展示会など○中山 功一 “腰がつらくて座れない?座圧軽減装具で腰の負担を軽減!”イノベーション・ジャパン2019~大学見本市~(科学技術振興機構/新エネルギー・産業技術総合開発機構,東京ビッグサイト:東京)
1152019年7月口頭発表○山城 佑太,中山 功一“座圧軽減装具”フワット”の開発と評価”第35回日本義肢装具学会学術大会(日本義肢装具学会,仙台国際センター:宮城)
1141019年6月ポスター発表〇町島希美絵,河口万紀子,中山 功一“高齢者への創作活動支援に必要なアセスメントツール “SAGAアプリ”の開発”日本老年看護学会第24回学術集会(日本老年看護学会,仙台国際センター:宮城)
1132019年5月口頭発表○西ノ平志子,松井博和,大島千佳,中山 功一“障がい者の「弾きたい」を叶えるギター演奏補助装置の継続的な試用”第63回システム制御情報学会研究発表講演会(システム制御情報学会,中央電気倶楽部:大阪)
1122019年3月口頭発表〇松本 晃輔,中山 功一“VRデバイスを用いたジャグリングの訓練支援システムの開発”情報処理学会第81回全国大会(情報処理学会,福岡大学:福岡)
1112019年3月口頭発表〇谷口 聖人,大島 千佳,中山 功一“発話の韻律変換による感情表現の検討”情報処理学会第81回全国大会(情報処理学会,福岡大学:福岡)
1102019年3月口頭発表〇北野太陽,大島千佳,中山 功一“ベクトル情報が付与された単語による検索支援システムの研究”情報処理学会第81回全国大会(情報処理学会,福岡大学:福岡)
1092019年3月口頭発表〇梶原 薪,大島 千佳,中山 功一“災害情報を共有するARプラットフォームの開発”情報処理学会第81回全国大会(情報処理学会,福岡大学:福岡)
1082018年12月口頭発表○野柳 晴華,大島 千佳,中山 功一“対話ロボットの自然な“あいづち”に向けた研究”第14回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会(計測自動制御学会,佐賀大学:佐賀)
1072018年12月口頭発表○田中竜二,大島千佳,中山 功一“ロボット”CATARO”を使った被介護者の異常検知”第14回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会(計測自動制御学会,佐賀大学:佐賀)
1062018年12月口頭発表○塚本安記規,大島千佳,中山 功一“交通事故時の移動モード判別アルゴリズムの実装”第14回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会(計測自動制御学会,佐賀大学:佐賀)
1052018年12月口頭発表○柴田大輔,山口裕,大島千佳,中山 功一“会話中の単語をもとにオートサジェスト機能を使って検索した画像の提示手法”第14回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会(計測自動制御学会,佐賀大学:佐賀)
1042018年12月口頭発表○脇山晃希,時津颯麻,岡崎泰久,中山 功一“災害現場の情報を把握する自律AIドローンの研究開発”第14回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会(計測自動制御学会,佐賀大学:佐賀)
1032018年12月口頭発表○井手裕太,中山 功一,山下健一,福田修“ディープラーニングによる牛の妊娠鑑定”第14回コンピューテーショナル・インテリジェンス研究会(計測自動制御学会,佐賀大学:佐賀)
1022018年12月口頭発表〇森山裕鷹,南里敢太,中山 功一“ブロックチェーンを用いたSPAM攻撃防止アルゴリズム(SAGA_BC)の提案”進化計算シンポジウム2018(進化計算学会,休暇村志賀島:福岡)
1012018年12月口頭発表〇南里敢太,森山裕鷹,中山 功一“進化的オペレーションを自己管理する遺伝的アルゴリズム(SA-GA)の検討”進化計算シンポジウム2018(進化計算学会,休暇村志賀島:福岡)
1002018年8月口頭発表〇大島 千佳,Patrick Hock,中山 功一“CATARO: 介護者に被介護者の状態を気づかせるロボット”第7回アクセシビリティ研究会,2018-AAC-7(3.(情報処理学会,早稲田大学:東京)
992018年8月展示会など○中山 功一 ” 腰を浮かせる腰痛軽減装具:“フワット” , “福祉機器コンテスト2018”日本リハビリテーション工学協会:第33回リハ工学カンファレンスinあつぎ.(厚木市文化会館:神奈川)
982018年4月口頭発表〇梶原 薪“コミュニティシステムデザインのためのマップオペレーションシステムの研究開発”SICEシステム・情報部門関係論的システムデザイン調査研究会第12回例会(同志社大学:京都)
972018年4月口頭発表〇柴田 大輔“コミュニティシステムデザインのための地域情報共有アプリケーションの研究開発”SICEシステム・情報部門関係論的システムデザイン調査研究会第12回例会(同志社大学:京都)
962018年4月口頭発表〇中山 功一“地域の安全・安心に向けた情報収集・共有システムに向けて”SICEシステム・情報部門関係論的システムデザイン調査研究会第12回例会(同志社大学:京都)
952018年4月口頭発表〇中山 功一“地域の安全・安心に向けた情報収集・共有システムに向けて”SICE システム・情報部門 関係論的システムデザイン調査研究会第12回例会.(同志社大学:京都)
942018年2月展示会など○中山 功一 “人工知能(AI)ってナンだ?~簡単な仕組みから、その応用まで~”第39回サイエンスカフェin SAGA, 佐賀県産業労働部ものづくり産業課.
932018年1月口頭発表〇西ノ平志子, 廣中栄雄, 大島千佳, 中山 功一“幼稚園児の手の巧緻性を高める教具の提案”,信学技報,Vol.117, No.420, pp.137-142, 2018 (第一工業大学:鹿児島)
922018年1月口頭発表〇中山 功一“AI技術の応用~防災/酪農/介護/観光~”,関係論的システムデザイン調査研究会 (びわ湖リトリート:滋賀)
912017年8月口頭発表〇中山 功一,大島 千佳“デスクワーク時の骨盤への負荷を軽減する腰痛軽減装具の提案”情報処理学会アクセシビリティ研究会,2017-AAC-5(8.(首都大学東京:東京)
902017年8月口頭発表○大島千佳, 石井弓子,町島希美絵, 阿部ひとみ, 細井尚人, 中山 功一“作業プログラムにおける介護スタッフ間の気づきの共有 -振り返りミーティングでの活発な議論を促進するものは?-,”情報処理学会 アクセシビリティ研究会,2017-AAC-4(4(NII:東京)
892017年8月口頭発表○町島希美絵,大島千佳,中山 功一“介護士のコミュニケーション・スキル向上を目的としたリフレクション方法の検討”教育システム情報学会 第42回全国大会(北九州国際会議場:福岡)
882017年5月口頭発表○町島希美絵,石井弓子,大島千佳,阿部ひとみ,細井尚人,中山 功一“重度認知症患者デイケア施設における個々の利用者に合わせた 作業プログラムの提供-スタッフと共に振り返るミーティングを活用して-,”第18回認知症ケア学会大会(沖縄コンベンションセンター:沖縄)
872017年3月口頭発表○大島 千佳,東原 凌平,中山 功一“気分を誘導するプロソディ変換アルゴリズムの検討”SICE第44回 知能システムシンポジウム資料(計測自動制御学会 システム・情報部門,東海大学 高輪キャンパス:東京)
862017年3月口頭発表○豊永 港,加来 香,大島千佳,中山 功一“対面授業を支援するCAQQシステムの改良と評価,”JSiSE学生研究発表会(教育システム情報学会,九州工業大学サテライト福岡天神:福岡)
852016年12月口頭発表○大島千佳, 石井弓子,町島希美絵, 阿部ひとみ, 細井尚人, 中山 功一“介護施設での作業プログラム実施におけるスタッフ・ミーティングの重要性,”計測自動制御学会,システム・情報部門学術講演会2016講演論文集,SS02-12.(ウカルちゃんアリーナ:大津)
842016年12月展示会など○中山 功一 “検索コンシェルジュ ~あなたのためのカスタマイズ手法~”第13回JST/ CIC東京新技術説明会,(科学技術振興機構,キャンパスイノベーションセンター東京:東京)
832016年11月口頭発表○塚本安記規,角亮憲,中山 功一,大島千佳,阪本雄一郎“ドローンを用いた交通事故救急システムの提案,”第35回計測自動制御学会九州支部学術講演会,(佐賀大学:佐賀)
822016年11月ポスター発表○大宅 悠貴“ユーザに合わせたサジェスト語により検索で気づきを与えるシステムの開発”第35回計測自動制御学会九州支部学術講演会,学生発表交流会 (佐賀大学:佐賀)
812016年11月ポスター発表○東原 凌平“発話者・受話者の感情誘導を行う感情的プロソディのリアルタイム変換”第35回計測自動制御学会九州支部学術講演会,学生発表交流会 (佐賀大学:佐賀)
802016年11月ポスター発表○松尾 庸平“3DCGと物理エンジンを用いたドローンの飛行シミュレーション”第35回計測自動制御学会九州支部学術講演会,学生発表交流会 (佐賀大学:佐賀)
792016年11月ポスター発表○豊永 港“対面授業で受講生をリアルタイムに支援するWebシステム”第35回計測自動制御学会九州支部学術講演会,学生発表交流会 (佐賀大学:佐賀)
782016年9月口頭発表○中山 功一,大島千佳,阪本雄一郎“スマートフォンアプリによる事故の自動通報と,ドローンによる事故状況の確認システム”第39回佐賀救急医学会,(アバンセ:佐賀)
772016年7月口頭発表中山 功一,○谷口聖人,町島希美絵,大島千佳“患者の聴覚特性に応じた話し方の訓練システムの研究開発”情報処理学会アクセシビリティ研究会第1回研究会(2016-AAC-001).(国立情報学研究所:東京)
762016年7月口頭発表○町島希美絵,大島千佳,中山 功一“看護師のコミュニケーション・スキル向上を目的としたリフレクションを促す手法に向けて”情報処理学会アクセシビリティ研究会第1回研究会(2016-AAC-001).(国立情報学研究所:東京)
752016年7月口頭発表○大島千佳,石井弓子,町島希美絵,阿部ひとみ,細井尚人,中山 功一“デイケア利用者の個々の特性に合わせて作業を個人化し達成感をもたらす作業プログラム実施方法の伝授過程”情報処理学会アクセシビリティ研究会第1回研究会(2016-AAC-001).(国立情報学研究所:東京)
742016年6月口頭発表○町島希美絵,石井弓子,大島千佳,阿部ひとみ,細井尚人,中山 功一“作業を個人化して提供するための手引きの体系化,~重度認知症デイケア施設の事例をもとに~”第17回日本認知症ケア学会大会.(神戸国際展示場:神戸)
732016年2月口頭発表○大島千佳,町島希美絵,山口勝己,中山 功一“認知症高齢者でもピアノ演奏に取り組めるための支援方法”第12回日本病院総合診療医学会学術総会, 発表番号O-047, pp.110(日本病院総合診療医学会,横浜市開港記念会館:横浜)
722015年11月口頭発表大島千佳,町島希美絵,山口勝己,○中山 功一“認知機能が低下してもピアノ演奏を楽しめる支援システムに向けて”計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2015,pp.SS10-12. (計測自動制御学会,函館アリーナ:函館)
712015年11月口頭発表○加来薫,大島千佳,中山 功一“対面授業で受講生が難解部分をリアルタイムに指摘するWebシステムの検証”計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2015,pp.SS10-11. (計測自動制御学会,函館アリーナ:函館)
702015年11月口頭発表○大宅悠貴,大島千佳,中山 功一“キーワード検索で気付きを与えるスマートフォンアプリの研究開発”計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2015,pp.SS10-10.(計測自動制御学会,函館アリーナ:函館)
692015年11月口頭発表○中山 功一, 志田玲人, 大島千佳 “音声変換フィードバックによる気分誘導システムの実装”計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2015,pp.SS10-9. (計測自動制御学会,函館アリーナ:函館)
682015年9月口頭発表○山口勝己,大島千佳,中山 功一“野球のバッティング練習における3DCGの効果の検証”電気学会 第64回情報システム研究会,pp.IS-15-43. (電気学会,長崎ブリックホール:長崎)※ 平成27年 電子・情報・システム部門 技術委員会奨励賞
672015年9月口頭発表○村上剛,大島千佳,中山 功一“バランスWiiボードを用いたポインティングシステムの試作”電気学会 第64回情報システム研究会,pp.IS-15-42.(電気学会,長崎ブリックホール:長崎)
662015年9月口頭発表○加来薫,大島千佳,中山 功一“対面授業で受講生が難解部分をリアルタイムに指摘するWebシステムの提案”電気学会 第64回情報システム研究会,pp.IS-15-40. (電気学会,長崎ブリックホール:長崎)
652015年5月口頭発表○町島希美絵,石井弓子,大島千佳,細井尚人,中山 功一“認知症者が継続できる作業プログラムへの取り組み”第16回日本認知症ケア学会大会(日本認知症ケア学会,札幌市教育文化会館:札幌)
642015年3月口頭発表○町島希美絵,石井 弓子,大島千佳,細井 尚人,中山 功一“デイケア施設を利用する認知症者のための作業療法の個人化手法”SICE第42回 知能システムシンポジウム資料(計測自動制御学会 システム・情報部門,北野プラザ六甲荘:兵庫)
632014年11月口頭発表○大島千佳,町島希美絵,中山 功一“アクティビティ・ケアとしてのピアノ・レッスン ~達成感から得られる認知症者のQOLの向上に向けて~”計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014講演論文集,pp.788-793. (計測自動制御学会,岡山大学:岡山)
622014年5月口頭発表○大島千佳,原田千聡,町島希美絵,安田清,中山 功一“スマートフォンを担いだ「認知症支援犬」による服薬支援の可能性”第28回人工知能学会全国大会(人工知能学会,ひめぎんホール:松山)
612014年3月口頭発表○村上剛,山口勝己,中山 功一“バランスWiiボードを用いたフリースローのスキル学習支援システムの開発”教育システム情報学会 2013年度学生研究発表会(JSiSE学生研究発表会) <九州地区>, pp. 11-12.(教育システム情報学会,北九州市立大学 北方キャンパス:福岡)
602014年3月口頭発表○山口勝己,村上剛,中山 功一“加速度センサを用いた野球のバッティングスキル習得支援システムの開発”教育システム情報学会 2013年度学生研究発表会(JSiSE学生研究発表会) <九州地区>, pp. 9-10.(教育システム情報学会,北九州市立大学 北方キャンパス:福岡)
592013年11月ポスター発表○中山 功一,大島 千佳,伊藤 直樹,西本 一志,安田 清,細井 尚人,奥村 浩,堀川 悦夫“音響を変更した音声フィードバックによる気分誘導の試み”計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2013:SSI2013(計測自動制御学会,ピアザ淡海:滋賀)
582013年8月口頭発表○大島千佳,中山 功一,伊藤直樹,西本一志,安田清,細井尚人,奥村浩,堀川悦夫“MusiCuddleを利用した長調/短調の違いによる感情変化”情報処理学会研究報告,2013-MUS-100(1, pp. 1-6.(情報処理学会音楽情報科学研究会(SIGMUS第100回記念シンポジウム, 東京大学武田先端知ビル:東京)
572013年8月展示会など○中山 功一“スマートフォンを利用した車両の混雑状況推定・表示システム”イノベーション・ジャパン2013 ~大学見本市&ビジネスマッチング~(科学技術振興機構/新エネルギー・産業技術総合開発機構,東京ビッグサイト:東京)
562013年3月口頭発表○中山 功一,小野雅斗,福本敬也,大島千佳“音楽によるコミュニケーションを支援するシステムに関する考察”第40回 知能システムシンポジウム資料.(計測自動制御学会 システム・情報部門,京都工芸繊維大学松ヶ崎キャンパス:京都)
552012年11月口頭発表大島千佳,○中山 功一,伊藤直樹,西本一志,安田清,細井尚人,堀川悦夫“MusiCuddleの試用による認知症者の発話の変化”計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 予稿集.(計測自動制御学会,ウィルあいち 愛知県女性総合センター:名古屋)
542012年9月展示会など○中山 功一“3次元ディスプレイ(レーザー技術を応用した水中気泡投影型)”イノベーション・ジャパン2012 – 大学見本市(科学技術振興機構/新エネルギー・産業技術総合開発機構,東京国際フォーラム:東京)
532012年8月口頭発表○安田 清,桑原 教彰, 中村 雅巳,森本 一成,中山 功一,大島 千佳,青江 順一“ICT 機器を搭載した認知症補助犬:Human-Computer-Animal Interface の提案”第89回ヒューマンインタフェース学会研究会.(ヒューマンインタフェース学会,東京電機大学:東京)
522012年6月口頭発表○中山 功一,乗冨 喜子,大島 千佳“顔の好みの分析 ”第26回人工知能学会全国大会(人工知能学会,山口県教育会館他:山口)
512012年6月口頭発表○福島 雄太,田島 直嗣,中山 功一“自動コーチングシステムに向けたスイングデータの取得と分析”第26回人工知能学会全国大会 (人工知能学会,山口県教育会館他:山口)
502012年6月口頭発表○橋本 武法,田島 直嗣,福島 雄太,中山 功一“加速度センサによる混雑状況推定手法の提案と実装”第26回人工知能学会全国大会(人工知能学会,山口県教育会館他:山口)
492012年6月口頭発表○大島 千佳,伊藤 直樹,西本 一志,安田 清,細井 尚人, 中山 功一,堀川 悦夫“常同言語を音楽により緩和するシステムの構築に向けた試用”第26回人工知能学会全国大会(人工知能学会,山口県教育会館他:山口)
482012年3月口頭発表〇大島千佳,伊藤直樹,西本一志,安田清,山下ひろみ,細井尚人,中山 功一,奥村浩,堀川悦夫“音楽により常同言語を緩和するシステムの構築に向けて”第85回ヒューマンインタフェース学会研究会(ヒューマンインタフェース学会,京都工芸繊維大学:京都)
472011年11月口頭発表○大島 千佳, 安田 清,伊藤 直樹,西本 一志,細井 尚人, 中山 功一“MusiCuddle: 常同言語で示される精神症状の緩和を目指したシステム”計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会2011(SSI2011)(計測自動制御学会,国立オリンピック記念青少年総合センター:東京)
462011年9月口頭発表○田島 直嗣,福島 雄太,中山 功一“球技における動作とボール速度に関する実験的検討”平成23年度電気関係学会九州支部連合大会(第64回連合大会),03-2P-21,pp. 512.(佐賀)
452011年9月口頭発表○大島 千佳,安田清,西本一志,中山 功一“認知症患者や介護者の支援を目的とした音楽システムの評価に関する検討”平成23年度電気関係学会九州支部連合大会(第64回連合大会),08-1A-09,pp. 74. (佐賀大学:佐賀)
442011年9月口頭発表○橋本 武法,中山 功一“創発的手法による自由結合ネットワークの学習”電気学会研究会資料,IS-11-074,pp. 75-80(電気学会,佐賀大学:佐賀)
432011年6月口頭発表大島 千佳, ○中山 功一, 安田 清,伊藤 直樹,西本 一志,細井 尚人,奥村 浩“認知症者のための音楽療法システムの提案”第25回人工知能学会全国大会(人工知能学会,アイーナ いわて県民情報交流センター:盛岡)
422011年6月口頭発表橋本 武法,○中山 功一“自由結合ネットワークと創発的学習手法”第25回人工知能学会全国大会(人工知能学会,アイーナ いわて県民情報交流センター:盛岡)
412011年3月口頭発表大島 千佳,伊藤 直樹,西本 一志,細井 尚人,安田 清,○中山 功一“常同言語や叫びを伴う認知症患者の感情を静穏化する音楽療法支援システムの実現に向けて”ヒューマンインタフェース学会第72回研究会(ヒューマンインタフェース学会,震災のため誌上発表のみ)
402011年3月口頭発表大島 千佳,伊藤 直樹,西本 一志,細井 尚人,安田 清,○中山 功一“認知症患者の常同言語や発声に伴奏づけして患者の感情を静穏化するシステムの提案”インタラクション2011:インタラクティブ発表(情報処理学会,日本科学未来館:東京)
392011年3月口頭発表○中山 功一,Juan LIU,安藤 広志“歯付ベルトにより小型軽量化した携帯型力覚デバイス”インタラクション2011:インタラクティブ発表 (情報処理学会,日本科学未来館:東京)
382010年12月展示会など○中山 功一“3次元ディスプレイ(レーザー技術を応用した水中気泡投影型)”九州横断新技術説明会(科学技術振興機構,キャンパス・イノベーションセンター東京)
372010年9月展示会など○中山 功一“3次元ディスプレイ(レーザー技術を応用した水中気泡投影型)”イノベーション・ジャパン2010 – 大学見本市(科学技術振興機構/新エネルギー・産業技術総合開発機構,東京国際フォーラム:東京)
362010年7月口頭発表○大島 千佳,中山 功一,安田清,西本一志,奥村浩“高齢者が1人でも継続できる音楽療法システムの構築に向けて”情報処理学会研究報告(情報処理学会,小浜温泉 伊勢屋旅館:長崎)
352010年6月口頭発表○中山 功一“重層性に着目した創発システムに向けて”第24回人工知能学会全国大会 (人工知能学会,長崎ブリックホール:長崎)
342010年3月口頭発表○中山 功一,大島 千佳,安藤 広志“弾性/塑性/脆性で材質感を表現する通信遅延が1msの力覚デバイス”インタラクション2010:インタラクティブ発表 (情報処理学会,学術総合センター/一橋記念講堂:東京)
332009年7月口頭発表○大島 千佳,中山 功一,安藤 広志“ 画像の臨場感を高める香料の特性について”第56回ヒューマンインタフェース学会研究会(ヒューマンインタフェース学会,京都工芸繊維大学:京都)
322009年6月口頭発表○中山 功一, 安藤 広志“進化的ルーティング最適化手法に向けた協力の進化に関する考察”第10回AI若手の集い MYCOM2009 (人工知能学会,熱海温泉 志ほみや旅館:静岡)
312009年6月口頭発表○中山 功一,安藤 広志“ 携帯型把持感覚提示デバイスを用いた硬さ認知能力の検討”ヒューマン情報処理研究会(電子情報通信学会,北海道大学学術交流会館:北海道)
302009年5月ポスター発表○中山 功一, 井ノ上 直己“立体映像に同期させた把持感覚提示デバイスの評価”日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009:ROBOMEC2009(日本機械学会,福岡国際会議場:福岡)
292009年1月口頭発表○中山 功一,井ノ上 直己“ 剛体把持感覚の提示に必要な力覚デバイスの性能評価”力触覚の提示と計算研究会(日本バーチャルリアリティ学会,東京工業大学:神奈川)
282009年1月口頭発表○中山 功一,井ノ上 直己“ 携帯型力覚提示デバイスの試作と心理実験による評価”マルチメディア・仮想環境基礎研究会/コミュニケーションクオリティ研究会:併催(電子情報通信学会,フェニックス・シーガイア・リゾート:宮崎)
272008年6月口頭発表○中山 功一, 井ノ上 直己“超臨場感コミュニケーションのためのIPv6を想定した通信最適化アルゴリズム”第22回人工知能学会全国大会 (人工知能学会,ときわ市民ホール/勤労者福祉総合センター:北海道)
262008年6月口頭発表○中山 功一, 井ノ上 直己“超臨場感コミュニケーションのための多感覚情報通信とその最適化 ~量より質の通信経路最適化に向けて~”第9回AI若手の集い MYCOM2008 (人工知能学会,多賀旅館:岐阜)
252008年3月口頭発表○中山 功一, 井ノ上 直己“ 硬さ感覚提示装置の製作と硬さ弁別能力の認知実験”インタラクション2008:インタラクティブ発表(情報処理学会,学術総合センター/一橋記念講堂:東京)
242008年1月口頭発表○中山 功一,井ノ上 直己“ 硬さ感覚提示デバイスの作成に向けた指先における硬さ弁別性能の検証実験”第127回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会(情報処理学会,広島大学:広島)
232007年6月口頭発表○中山 功一, 井ノ上 直己“超臨場コミュニケーションによる知の創発に向けたAI ~A.I. 2.0の方向性~”第8回AI若手の集い MYCOM2007(人工知能学会,ホテル金住:宮崎)
222007年3月口頭発表○中山 功一,井ノ上 直己“多感覚情報の自律分散的な最適統合化アルゴリズム”第34回知能システムシンポジウム(計測自動制御学会,同志社大学:京都)
212006年9月口頭発表○大島 千佳, 中山 功一,井ノ上 直己“演奏表現と道具”エンタテインメントコンピューティング2006(エンタテインメントコンピューティング2006実行委員会,日本科学未来館:東京)
202006年6月口頭発表○中山 功一, 井ノ上 直己“身体性に着目した音の概念化”第7回AI若手の集い MYCOM2006(人工知能学会,ホテル箱根パウエル:神奈川)
192006年3月口頭発表○中山 功一, 下原 勝憲“言葉の表す概念 ~人と機械の円滑なコミュニケーションに向けて~”ことば工学研究会(第22回)ことば:論理 VS 感性(人工知能学会,大阪大学言語文化研究科:大阪)
182006年3月口頭発表○中山 功一, 下原 勝憲“選択範囲を可変にした動的離隔型GAの実験的な性質解析”進化技術応用調査専門委員会:第4回研究発表会(電気学会,早稲田大学理工学術院:東京)
172006年1月口頭発表○中山 功一, 下原 勝憲“ユビキタス社会に向けたものと情報の流れに関する考察”第18回自律分散システム・シンポジウム(計測自動制御学会 システム・情報部門,福井県国際交流会館:福井)
162005年11月口頭発表○中山 功一, 松井 博和, 下原 勝憲“時分割リスト構造型GAによる制御システムの創発的設計”計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会(計測自動制御学会,九州大学:福岡)
152005/10/01 2005年10月口頭発表○中山 功一, 松井 博和, 下原 勝憲“時分割DS-GAによるロボット制御システムの創発的設計”FCS/テクノシンポ名大/MPSシンポジウム2005 –計算科学シンポジウム–(情報処理学会,名古屋大学:愛知)
142005年8月口頭発表○中山 功一, 下原 勝憲“個体間相互作用の動的離隔を用いた異種間協力の共進化モデル”第7回日本進化学会東北大会(進化学会,東北大学:宮城)
132005年8月口頭発表○中山 功一, 下原 勝憲“身体性に着目した音階の生成過程に関する考察”第61回 音楽情報科学研究会「夏のシンポジウム」(情報処理学会,NTT京阪奈ビル:京都)※ ベストプレゼンテーション賞受賞
122005年6月口頭発表○中山 功一, 松井博和,下原 勝憲, 片井 修“概念獲得システムの構成法”第6回AI若手の集い MYCOM2005 (人工知能学会,妙心寺大心院:京都)※ 優秀プレゼンテーション賞受賞
112004年10月口頭発表○中山 功一, 松井博和, 下原勝憲, 片井修“エージェント指向分散コンピューティングの提案とDS-GA によるロードバランシングの最適化“第11回MPS シンポジウム:数理モデル化と問題解決シンポジウム”(情報処理学会,名古屋大学:愛知)
102004年5月口頭発表○中山 功一, 下原 勝憲, 片井 修“DS-LAによるコンピュータの創発的ネットワーク生成に向けた研究”第48回システム制御情報学会研究発表講演会(システム制御情報学会,京都テルサ:京都)
92003年9月口頭発表○中山 功一, 下原 勝憲, 片井 修“多要素動的離隔型遺伝的アルゴリズム(mDS-GA) の提案”第2回 情報科学技術フォーラム Forum on Information Technology 2003,(情報処理学会&電子情報通信学会,札幌学院大学:北海道)
82003年8月ポスター発表○中山 功一, 下原 勝憲, 片井 修“細胞群体内部における協力の進化のモデル化”日本進化学会第5回大会(日本進化学会,九州大学:福岡)
72003年5月口頭発表○中山 功一, 下原 勝憲, 片井 修“概念を生成する知能ネットワークシステム(INS)の提案”第4回AI若手の集い MYCOM2003 (人工知能学会,琵琶湖コンファレンスセンター:滋賀)
62003年3月口頭発表○山丈 政之, 中山 功一, 下原 勝憲, 片井 修“解探索能力向上のため選択範囲を可変にする動的離隔型遺伝的アルゴリズムの提案”2003 年度精密工学会春季大会学術講演会(精密工学会,東京農工大学:東京)
52003年1月口頭発表○中山 功一, 下原 勝憲, 片井 修“階層化動的離隔型GA(hDS-GA)による離隔パラメータの最適化”第9回MPSシンポジウム –進化的計算シンポジウム 2002–(情報処理学会,同志社大学:京都)
42002年5月口頭発表○Koichi NAKAYAMA, Katsunori SHIMOHARA, Osamu KATAI“Cooperative action without kin selection, group selection, or game theory”Workshop on Dynamical Systems in Mathematical Biology(数理生物懇談会,統計数理研究所:東京)
32001年10月ポスター発表○中山 功一, 松井 博和, 野村 由司彦“動的離隔型GA(DS-GA)の提案と組織化への適用”第8回MPSシンポジウム –進化的計算シンポジウム 2001– (情報処理学会,同志社大学:京都)
22001年10月口頭発表○中山 功一, 松井 博和, 野村 由司彦“動的離隔型GAによる協調行動の獲得”第10回数理生物学シンポジウム(数理生物懇談会,静岡大学:静岡)
12000年3月ポスター発表○中山 功一, 日置 智恵子, 松井 博和, 加藤 典彦, 野村 由司彦“行動選択における心理的パラメータ導入の試み”産学官研究交流フォーラム・オン・キャンパス2000(三重大学地域共同研究センター,三重大学:三重)