原著論文

こちらでは原著論文関係の一部を取り上げています。こちらを閲覧したい場合は以下のボタンをクリックして下さい。

町島希美絵,河口万紀子,中山功一
“Standard Assessment of Gerontic Activity(SAGA)web applicationを用いた パズル塗り絵における高齢者の認知機能と作業能力の評価との関連性”
日本健康支援学会「健康支援」 ,in Printing.

Yutaka Yamaguchi, Daisuke Shibata, Chika Oshima, Koichi NAKAYAMA
“Image Search based on Words Extracted from Others’ Utterances for Effective Idea Generation,”
International Journal of Advanced Computer Science and Applications(IJACSA), Vol. 11, No. 4, pp.681-687. (2020年5月)
DOI:10.14569/IJACSA.2020.0110488
PDFダウンロード(オープンアクセス)

Patrick Hock, Koichi NAKAYAMA, Kohei Arai “A Tool for C++ Header GenerationAn Extension of the C++ Programming Language,”
International Journal of Advanced Computer Science and Applications(IJACSA), Vol. 10, No. 7, pp. 458–465. (2019年7月)
PDFダウンロード(オープンアクセス)

Yutaka Yamaguchi, Daisuke Shibata, Chika Oshima, Koichi NAKAYAMA“University Students Using SWISS to Display Images Searched by Keywords Extracted from Utterances,”
The International Journal of E-Learning and Educational Technologies in the Digital Media (IJEETDM), Vol. 4, No. 4, pp.131-137. (2018年12月)

詳細

国際会議論文

こちらでは国際会議関係の一部を取り上げています。こちらを閲覧したい場合は以下のボタンをクリックして下さい。

〇Yutaka Yamaguchi, Chika Oshima, Ryuji Tanaka, Koichi NAKAYAMA
“A Support System to Encourage Idea Generation During Videoconference Brainstorming”
Proceedings of the SICE Annual Conference 2020, pp.1971-1976, 2020.
(SICE2020, チェンマイ(オンライン):タイ, 2020年9月)

〇Chihiro Sasaki, Chika Oshima, Shin Kajihara, Koichi NAKAYAMA
“Reaching a Final Consensus in a Discussion: the Impact of Real-time Intention Expression Related to Categories”
Proceedings of the 2020 13th International Conference on Human System Interaction, pp.106-111, IEEE, 2020.
(HSI2020, 東京, 2020年6月)

Yukiko Nishinohira, 〇Mai Ikeda, Chika Oshima, Hirokazu Matsui, Koichi NAKAYAMA
“F-ready: A support device that allows disabled people to play the guitar” IOP Conference Series: Materials Science and Engineering, Volume 705, 5th International Conference on Man Machine Systems. (ICoMMS2019, ペナン:マレーシア,2019年8月, DOI:10.1088/1757-899X/705/1/012006)
<https://iopscience.iop.org/issue/1757-899X/705/1>

〇Ryodai Hamasaki, Koichi NAKAYAMA
“A Deep Learning System that Learns a Discriminative Model Autonomously Using Difference Images”
Proceedings of the Genetic and Evolutionary Computation Conference Companion.
pp. 1683-1685, ACM, 2019. DOI: 10.1145/3319619.3326887
(GECCO2019, プラハ:チェコ,2019年7月)

詳細

学術発表

こちらでは学術発表関係の一部を取り上げています。こちらを閲覧したい場合は以下のボタンをクリックして下さい。

○南里敢太,森山裕鷹,中山 功一
“ブロックチェーン上で進化的学習を行うSA-GAによる組合せ最適化”
第48回 知能システムシンポジウム(計測自動制御学会,オンライン開催,2021年3月)

○矢野雄太郎,梶原薪,中山 功一
“スマートフォンを用いたスタンプラリーシステムの開発”
第48回 知能システムシンポジウム(計測自動制御学会,オンライン開催,2021年3月)

○阿部彗菜,大島千佳,中山 功一
“顔認識技術とスケジューラを用いた過去に出会った人との記憶を呼び起こすシステム”
第48回 知能システムシンポジウム(計測自動制御学会,オンライン開催,2021年3月)

○胡 蘇暁,中山 功一
“遺伝的アルゴリズム用いたロボットの経路学習”
2020年度「火の国情報シンポジウム2021」(情報処理学会九州支部,オンライン開催,2021年3月)

詳細