Chika OSHIMA's Home Page

大島 千佳

佐賀大学 客員研究員


自己紹介

住所:〒840-8502 佐賀市本庄1
佐賀大学理工学部7号館
メール:karin27 <***> sa3.so-net.ne.jp

<***>を@に変えてください.
Chika Oshima  Visiting Researcher



1 Honjo-machi
Saga-city
Saga 840-8502
JAPAN
e-mail:chika-o [at] ip.is.saga-u.ac.jp

Doctoral thesis

演奏構築における音楽表情の形成過程に関する研究
北陸先端科学技術大学院大学学術成果リポジトリ

Competitive research funds
  1. 科学研究費補助金 基盤研究B(平成29年度〜32年度)分担者(代表者 中山功一先生)
    「自然言語で介護スタッフの“ケア知”を補完する知的情報システムの構築と施設への導入」
  2. タカタ財団平成28・29年度研究助成 共同研究者(代表者 中山功一先生)
    「救急救命センターと連携する交通事故自動通報システムによる交通弱者の被害軽減」
  3. 科学研究費補助金 基盤研究B(平成27年度〜30年度) 代表者
    「生体情報で個人に最適化された活動によるデイケアの意欲とQOLの向上」
  4. 科学研究費補助金 基盤研究B(平成27年度〜29年度)分担者(代表者 坂本真樹先生)
    「日常診療から認知症診断までオノマトペを用いて感性を尊重する高齢者支援手法の提案」
  5. カシオ科学振興財団第32回(平成26年度)研究助成 共同研究者(代表者 中山功一先生)
    「感情的プロソディを変更する気分誘導方法を用いた認知症の行動・心理症状を緩和するシステムの研究開発」
  6. 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究(課題番号26540068, 平成26年度〜平成28年度) 代表者
    「感情的プロソディを変更した音声のフィードバックによる気分誘導の研究」
  7. 科学研究費補助金 特別研究員奨励費(課題番号23-40168, 平成23年10月〜平成26年9月)
    「高齢者が1人でも取り組める音楽療法システムに向けた研究」
  8. 科学研究費補助金 基盤研究B(課題番号21300088,平成21年〜平成23年9月) 代表者
    「触覚/嗅覚情報を提示する回想法を用いた音楽療法システムの研究」
    ※平成23年10月より日本学術振興会特別研究員に採用されたため廃止
Awards
  1. 電気学会電子・情報・システム部門 技術委員会奨励賞 (2015)(第一筆者:山口勝己)
  2. Best Paper Award at Global Health (2012)
  3. BEST MULTI-DISCIPLINARY PAPER AWARD at ICOST(2011)
  4. 情報処理学会 山下記念研究賞(2006)
  5. ATR社内表彰(2005)
  6. ACM Multimedia04 Best Paper Award(2004)
  7. 北陸先端大博士後期課程 優秀修了者(2004)
  8. インタラクション2004ベストインタラクティブ発表賞(2004)
  9. 武蔵野音大にて福井直秋賞(1993,1995)
Articles
  1. 「においを飛ばし,居眠り運転防止」毎日新聞,2007年12月19日
  2. 「テレビ映像臨場感香りで高める」日経産業新聞,2007年11月27日
  3. 「香りを発射!居眠り運転防止 ATRと富士重が新システム」京都新聞,2007年11月8日
  4. 「子供とピアノ連弾,手軽に」日本経済新聞,2004年4月2日
Book Chapters
  1. 大島千佳,中山功一:画像の臨場感を高める香料の選定手法,嗅覚と匂い・香りの産業利用最前線,エヌ・ティー・エス,pp.313-323, 2013.
  2. Chika Oshima, Yohei Miyagawa, Kazushi Nishimoto and Takashi Shirosaki: Two-step Input Method for Supporting Composition of MIDI Sequence Data, Entertainment Computing -- Technologies and Applications, pp.257-264, Kluwer Academic Publishers, 2003.
Journal Papers
  1. 中山功一,村上剛,大島千佳:バランスWiiボードを用いた足用ポインティングシステムの検討,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol.19, No.1, pp.105-118, 2016.
  2. Chika Oshima, Kimie Machishima, Katsuki Yamaguchi, and Koichi Nakayama: A Method of Displaying a Model Performance to Motivate Elderly Novice People to Play the Keyboard Instrument,ヒューマンインタフェース学会誌,「人を誘う(いざなう,さそう)インタフェース」特集号,Vol.18, no.3, pp.163-176, 2016. (imtInformation and Media Technologies, Vol.11, pp.236-249, 2016:PDF)
  3. 町島希美絵,石井弓子,大島千佳,細井尚人,中山功一:重度認知症患者デイケアにおける利用者の「できる」作業決定までの過程,日本認知症ケア学会誌論文,Vol.15, No.2, pp.503-512, 2016.
  4. Chika Oshima, Kiyoshi Yasuda, Toshiyuki Uno, Kimie Machishima, Koichi Nakayama: Give a Dog ICT Devices: How Smartphone-Carrying Assistance Dogs May Help People with Dementia, International Journal of Advanced Computer Science and Applications(IJACSA), 6(1), pp.168-176, 2015. PDF
  5. Chika Oshima, Koichi Nakayama, Naoki Itou, Kazushi Nishimoto, Kiyoshi Yasuda, Naohito Hosoi, Hiroshi Okumura, and Etsuo Horikawa: Towards a System that Relieves Psychological Symptoms of Dementia by Music, International Journal on Advances in Life Sciences, Vol.5, No. 3&4, pp.126-136, 2013.
  6. Chika Oshima, Naoki Itou, Kazushi Nishimoto, Kiyoshi Yasuda, Naohito Hosoi, Hiromi Yamashita, Koichi Nakayama, and Etuso Horikawa:A Music Therapy System for Patients with Dementia who Repeat Stereotypical Utterances, Journal of Information Processing, Vol.21, No.2, pp.283-294, 2013. PDF
  7. 中山功一,乗冨喜子,大島千佳:顔の好みの分析に基づく個々のユーザが好む顔の作成方法,ヒューマンインタフェース学会論文誌,「エンタテインメントのためのヒューマンインタフェース」特集号,Vol.14, No.4, pp.319-330, 2012.
  8. Chika OSHIMA, Koichi NAKAYAMA, Hiroshi ANDO: Aroma that Enhances the Reality of Visual Images, Journal of the National Institute of Information and Communications Technology, Vol.57 Nos.1/2, 2010. [PDF]
    大島千佳,中山功一,安藤広志:画像の臨場感を高める香りに関する研究,情報通信研究機構季報,Vol.56, Nos.1/2, pp.137-145, 2010. [PDF]
  9. 中山功一,大島千佳,安藤広志:硬い物体を提示する力覚デバイスに必要な性能の検証,ヒューマンインタフェース学会論文誌,「触覚とその応用」特集号,Vol.12, No.2, pp.129-138, 2010.
  10. 大島千佳,中山功一,安藤広志:臨場感を高める香料を推定する特性に関する検討,情報処理学会論文誌,『インタラクションの基盤技術、デザインおよび応用』特集号,Vol.51,No.2,pp. 265-276, 2010.
  11. 大島千佳,中山功一,安藤広志,須佐見憲史,井ノ上直己:臨場感を高める香りを画像から推定する手法に関する一検討,情報処理学会論文誌,『メディアインタラクション研究の発展』特集号,Vol.49, No.12, pp.3867-3878, 2008.
  12. 大島千佳,和田充史,安藤広志, 松尾典義,柳田康幸,安部伸治:時空間的な局所領域への香り提示手法による覚醒効果に関する一検討,情報処理学会論文誌,『メディアインタラクション研究の発展(テクニカルノート)』特集号,Vol.49, No.10, pp.3559-3566, 2008.
  13. Chika Oshima, Kazushi Nishimoto, and Norihiro Hagita, A Piano duo support system for Parents to Lead Children to Practice Musical Performance, ACM Transactions on Multimedia Computing Communications and Applications Vol.3 Issue2, Article No.9, 2007.
  14. 大島千佳,西本一志,阿部明典:ピアノ演奏における離鍵速度の重要性と特性に関する考察,情報処理学会論文誌,Vol.47, No.5, pp.1546-1557, 2006.
  15. 牧野真緒,大島千佳,Rodney Berry,樋川直人,鈴木雅実:音楽創作支援を目的とした技能の伝達法の検討,感性工学会論文誌,第6巻1号,pp.29-36,2005.
  16. 牧野真緒,大島千佳,Rodney Berry, 樋川直人,西本一志,鈴木雅実,萩田紀博:子どもの音楽創作意欲 を高めるための「音に触って聞く」作曲システムの提案,知能情報ファジイ学会論文誌,第17巻2号,「エンタテインメントコンピューティング」特集号,pp.28-38,2005.
  17. 大島千佳,西本一志,鈴木雅実:家庭における子どもの練習意欲を高めるピアノ連弾支援システムの提案,情報処理学会論文誌,「知の共有から知の協創へ」特集号,Vol.46, No.1, pp.157-171, 2005.
  18. 大島千佳,西本一志,鈴木雅実:創造的演奏教育支援に向けた生徒の音楽的理解と技術習得の分析,日本創造学会論文誌,Vol.8, pp. 21-35, 2004.
  19. 大島千佳,西本一志,宮川洋平,白崎隆史:音楽表情を担う要素と音高の分割入力による容易なMIDIシーケンスデータ作成システム,情報処理学会論文誌,Vol.44, No.7, pp.1778-1790, 2003.
Lecture Notes in Computer Science
  1. Chika Oshima, Yumiko Ishii, Kimie Machishima, Hitomi Abe, Naohito Hosoi, and Koichi Nakayama: Analyzing the daily meeting of day care staffs who personalized occupational therapy program in response to a care-receiver's pleasure, Lecture Notes in Computer Science (LNCS)10273, 2017.(HCII2017)DOI:10.1007/978-3-319-58521-5_30(in printing)
  2. Chika Oshima, Kimie Machishima, Katsuki Yamaguchi, Koichi Nakayama: A Piano Lesson Method where User Plays the Piano Laying His or Her Hands on the Image of a Model Performer's Hands, Lecture Notes in Computer Science (LNCS)9745, Springer,pp.475-483, 2016.(HCII2016)
  3. Chika Oshima, Kimie Machishima, Koichi Nakayama: Toward a Piano Lesson System That Give People with Reduced Cognitive Functioning a Sense of Accomplishment, Lecture Notes in Computer Science (LNCS)9177, Springer,pp.649-659, 2015.(HCII2015)
  4. Chika Oshima, Chisato Harada, Kiyoshi Yasuda, Kimie Machishima, and Koichi Nakayama: The Effectiveness of Assistance Dogs Mounting ICT Devices: A Case Study of a Healthy Woman and Her Dog, Lecture Notes in Computer Science (LNCS) 8522, Springer, pp.467-478, 2014. (HCII2014)
  5. Ayumi Honda, Chika Oshima and Koichi Nakayama, Estimation of the Facial Impression from Individual Facial Features for Constructing the Makeup Support System, Lecture Notes in Computer Science (LNCS) 8017, Springer, pp 92-99, 2013.(HCII2013)
  6. Chika Oshima, Naoki Itou, Kazushi Nishimoto, Naohito Hosoi, Kiyoshi Yasuda, and Koichi Nakayama: An Accompaniment System for Healing Emotions of Patients with Dementia Who Repeat Stereotypical Utterances, B. Abdulrazak et al. (Eds.): Lecture Notes in Computer Science (LNCS) 6719, pp. 65--71. Springer, 2011. BEST MULTI-DISCIPLINARY PAPER AWARD (ICOST2011)
Proceedings of International Conferences
  1. Chika Oshima, Koichi Nakayama, Osamu Fukuda: The Measurement of Wrist and Elbow Movements to Demonstrate a Relationship between a Piano Performer's Intended Movement and Performance, SICE annual conference 2016, pp.830-833,the Society of Instrument and Control Engineers, 2016.
  2. Koichi Nakayama, Chika Oshima, Ryohei Higashihara, Kimie Machishima: Mood Induction by Emotional Prosody Modification -Experiments that students read scenario of a folk story-, the SICE Annual Conference 2015, pp.500-505
  3. Kimie Machishima, Maiko Sakamoto, Chika Ohshima, Kaori Kitajima, Tsutomu Koba, Rumi Gohara, Ayumi Sato, Jyunko Higashiuchi, Etuo Horikawa: The effect of Mahjong on healthy elderly persons' cognitive function, Archives of Clinical Neuropsychology, Vol.29(6), pp.505, 2014.
  4. Chika Oshima, Koichi Nakayama, Naoki Itou, Kazushi Nishimoto, Kiyoshi Yasuda, Naohito Hosoi, Hiroshi Okumura and Etsuo Horikawa: Mood induction using MusiCuddle with a vocoder: Major versus minor harmonies, Proc. of ICHS 2013 (International Conference on Humanized Systems 2013), ISBN No.978-4-9905392-1-4,pp.54-59, 2013.
  5. Chika Oshima, Naoki Itou, Kazushi Nishimoto, Kiyoshi Yasuda, Naohito Hosoi, Hiromi Yamashita, Koichi Nakayama, and Etuso Horikawa: A Case Study of a Practical Use of “MusiCuddle” that is a Music Therapy System for Patients with Dementia who Repeat Stereotypical Utterances, Proc. of Global Health 2012, pp.14-20, ISBN: 978-1-61208-243-1, 2012. BEST PAPER AWARD
  6. Koichi Nakayama, Takenori Hashimoto, Yoshiko Noridomi, Chika Oshima: Analysis of Users' Favorite Faces, ICHS 2012(International Conference on Humanized Systems), Aug. 16-18, Daejeon, Korea, 2012.
  7. Kiyoshi Yasuda, Noriaki Kuwahara, Masami Nakamura, Kazunari Morimoto, Koichi Nakayama, Chika Oshima, and Jun-ichi Aoe: Assistance Dogs for Individuals with Dementia Using ICT Devices: Proposal of Human-Computer- Animal Interface, ICHS 2012 (International Conference on Humanized Systems), Aug. 16-18, Daejeon, Korea, 2012.
  8. [non-refereed]Chika Oshima: Alleviating the Symptoms of Patients who Repeat Stereotypical Utterances by Sounds, International Symposium on Advanced Medical and Human Assist Systems, Grande-Hagakure, Saga, Japan, March 19, (2012).
  9. Chika Oshima, Kazushi Nishimoto, Koichi Nakayama, Kiyoshi Yasuda, Hirosih Ando: Musical Accompaniment System that Displays Aroma to Promote Reminiscences, IUCS2011, 12-14 Oct., Korea.
  10. Ichiro Umata, Chika Oshima, Sadanori Ito, Shoichiro Iwasawa, Hidenori Nakamura, Akira Endo, Yoh Nakayama and Hiroshi Ando, Do 3D Images Help Social Interaction? : A Study in Remote Music Education, Proceedings of 4th International Universal Communication Symposium, IEEE International Conference Proceedings Series in the IEEE Digital Library, pp. 196-199, 2010.
  11. Chika Oshima, Koichi Nakayama, Kiyoshi Yasuda, Kazushi Nishimoto, Hiroshi. Okumura: Design of a Music Therapy System that Allows Elderly People with Dementia to Perform Music with Pleasure, Proc. of the International Conference on Humanized Systems, pp.30-34, 2010.
  12. Chika Oshima, Koici Nakayama and Hiroshi Ando: Method for Identifying Aromas Using Adjective Characteristics to Enhance the Reality of Visual Images, Proceedings of the Third International Universal Communication Symposium (IUCS2009) , ACM, pp. 289-295, 2009.
  13. Chika Oshima, Hiroshi Ando, Kenji Susami: Working Towards a System that Enhances the Reality of Visual Images Using Aroma, Proc. of the Second International Workshop on Kansei, pp.154-157, 2008.
  14. Chika Oshima, Atsushi Wada, Hiroshi Ando, Noriyoshi Matsuo, Shinji Abe and Yasuyuki Yanagida: Improved Delivery of Olfactory Stimulus to Keep Drivers Awake, Workshop on DSP for in-Vehicle and Mobile Systems, CD-ROM proceedings, 2007. (PDF)
  15. Chika Oshima, Kazushi Nishimoto and Norihiro Hagita: A System for Supporting Discussion on Musical Expressions by Filling Gaps of Skill, Proc. of the ISWC'05 Workshop on Ubiquitous Experience Media, the ninth annual IEEE International Symposium on Wearable Computers, pp.33-38, 2005.
  16. Chika Oshima, Kazushi Nishimoto and Masami Suzuki: Family Ensemble: A Collaborative Musical Edutainment System for Children and Parents, Proc. of the ACM MM '04 and Co-Located Workshops, pp.556-563, 2004. *accepted rate 17% BEST PAPER AWARD
  17. Chika Oshima and Kazushi Nishimoto: An Attempt of Performance Rendering Based on Correlation Between Duration of Notes and Key-release-velocity, Proc. the IJCAI-03 workshop on methods for automatic music performance and their applications in a public rendering contest, pp.76-77, 2003.
  18. Kazushi Nishimoto and Chika Oshima: Basic Analyses on Effects of Key-release Velocity in a Piano Performance, Proc. the IJCAI-03 workshop on methods for automatic music performance and their applications in a public rendering contest, pp.46-53, 2003.
  19. Chika Oshima and Atsushi Shimojima: Grounding Function of Instrument Plays in Dialogue: A Case-study of Piano Duos in Joint Practice, The 25th Annual Conference of the Cognitive Science Society (CogSci 2003).*accepted rate 23%
  20. Kazushi Nishimoto, Chika Oshima and Yohei Miyagawa: Why Always Versatile?: Dynamically Customizable Musical Instruments Facilitate Expressive Performances, Proc. of the 3rd International Conference on New Instruments for Musical Expression (NIME03), pp.164-169, 2003.
  21. Chika Oshima, Kazushi Nishimoto, Yohei Miyagawa, and Takashi Shirosaki: A Concept to Facilitate Musical Expression, Proc. Creativity & Cognition 2002, ACM Press, pp.111-117, 2002.
  22. Chika Oshima, Yohei Miyagawa and Kazushi Nishimoto: Coloring-in Piano: A Piano That Allows A Performer to Concentrate on Musical Expression, In C. Stevens, D. Burnham, G. McPherson, E. Schubert, and J. Renwick (Eds.), Proc. the 7th International Conference on Music Perception and Cognition (CD-ROM Proc.), Adelaide: Causal Publications, Paper No.707, 2002.
  23. Chika Oshima, Kazushi Nishimoto, Yohei Miyagawa, and Takashi Shirosaki: Coloring-in Piano: Indiscrete Musical Elements are Essential for Performers, Proc. ICAD 2002 Rencon Workshop - Performance Rendering Systems: Today and Tomorrow, pp. 21-23, 2002.
  24. Chika Oshima, Yohei Miyagawa, Kazushi Nishimoto and Takashi Shirosaki: Two-step Input Method for Supporting Composition of MIDI Sequence Data, Proc. First International Workshop on Entertainment Computing (IWEC2002), pp.253-260, 2002.
  25. Kazushi Nishimoto, Chika Oshima, Yohei Miyagawa and Takashi Shirosaki: A Musical Instrument for Facilitating Musical Expressions, CHI2002 Extended Abstracts, pp.722-723, 2002.
  26. Kazushi Nishimoto and Chika Ooshima: Computer Facilitated Creation in Musical Performance, Proc. Scuola Superiore G. Reiss Tomoli (SSGRR-2001: CD-ROM proceedings), 2001.
  27. Chika Ooshima, Kazushi Nishimoto and Akihiko Konagaya: Toward Computer Supported Piano Lesson to Opportunely Advance to the Creative Stage, Artificial Intelligence and Soft Computing (ASC2001), Cancun, Mexico, pp.85-92, May 21-24, 2001.
Domestic Conferences
  1. 大島千佳,東原凌平,中山功一:気分を誘導するプロソディ変換アルゴリズムの検討,第44回知能システムシンポジウム,計測自動制御学会,3月13,14日(東海大学 高輪キャンパス,東京)2017.
  2. 大島千佳, 石井弓子,町島希美絵, 阿部ひとみ, 細井尚人, 中山功一:介護施設での作業プログラム実施におけるスタッフ・ミーティングの重要性,計測自動制御学会,システム・情報部門学術講演会2016講演論文集,発表日:2016年12月6-8日(ウカルちゃんアリーナ,大津)2016.
  3. 大島千佳,伊藤精英:研究会in the dark -わかりあえる発表をめざして-,情報処理学会アクセシビリティ研究会,2016-AAC-2(7),2016年12月2,3日(NII,東京)2016.
  4. 中山功一,谷口聖人,町島希美絵,大島千佳:患者の聴覚特性に応じた話し方の訓練システムの研究開発,情報処理学会アクセシビリティ研究会,2016-AAC-1(16),2016年7月29,30日(NII,東京)2016.
  5. 町島希美絵,大島千佳,中山功一:看護師のコミュニケーション・スキル向上を目的としたリフレクションを促す手法に向けて,情報処理学会アクセシビリティ研究会,2016-AAC-1(15),2016年7月29,30日(NII,東京)2016.
  6. 大島千佳,石井弓子,町島希美絵,阿部ひとみ,細井尚人,中山功一:デイケア利用者の個々の特性に合わせて作業を個人化し達成感をもたらす作業プログラム実施方法の伝授過程,情報処理学会アクセシビリティ研究会,2016-AAC-1(14),2016年7月29,30日(NII,東京)2016.
  7. 大島千佳:医療・介護の専門家のアクセシビリティ向上,情報処理学会アクセシビリティ研究会,2016-AAC-1(13),2016年7月29,30日(NII,東京)2016.
  8. 大島千佳,町島希美絵,○中山功一:高齢者のためのCGによる模範演奏に 自分の手をかぶせながら 鍵盤楽器を練習する方法,2016年度第30回人工知能学会全国大会,1E3-5,2016年6月6日-9日(北九州国際会議場,小倉)2016.
  9. 町島希美絵,石井弓子,大島千佳,阿部ひとみ,細井尚人,中山功一:作業を個人化して提供するための手引きの体系化,〜重度認知症デイケア施設の事例をもとに〜,日本認知症ケア学会誌,Vol.15-1, pp.217,第17回日本認知症ケア学会大会,2016年6月4,5日(神戸国際展示場,神戸)2016.
  10. 大島千佳,町島希美絵,山口勝己,中山功一:認知症高齢者でもピアノ演奏に取り組めるための支援方法,第12回日本病院総合診療医学会学術総会抄録集,p.110, 2016年2月26,27日(横浜市開港記念会館,横浜)2016.
  11. 大島千佳:初心者の高齢者でも ピアノにチャレンジできる支援方法,「アクセシビリティ×音楽」セッション,情報処理学会アクセシビリティ研究グループ研究会,2016年2月13日(NII,東京)2016.
  12. 大島千佳,町島希美絵,山口勝己,○中山功一:認知機能が低下してもピアノ演奏を楽しめる支援システムに向けて,計測自動制御学会,システム・情報部門学術講演会2015講演論文集,発表日:2015年11月19日( 函館アリーナ,函館)2015.
  13. 中山功一,志田玲人,大島千佳:音声変換フィードバックによる気分誘導システムの実装,計測自動制御学会,システム・情報部門学術講演会2015講演論文集,発表日:2015年11月19日( 函館アリーナ,函館)2015.
  14. 大宅悠貴,大島千佳,中山功一:キーワード検索で気付きを与えるスマートフォンアプリの研究開発,計測自動制御学会,システム・情報部門学術講演会2015講演論文集,発表日:2015年11月19日( 函館アリーナ,函館)2015.
  15. 加来薫,大島千佳,中山功一:対面授業で受講生が難解部分をリアルタイムに指摘するWebシステムの検証,計測自動制御学会,システム・情報部門学術講演会2015講演論文集,発表日:2015年11月19日( 函館アリーナ,函館)2015.
  16. 大島 千佳,寺澤洋子,馬場 哲晃,平賀 瑠美,松原 正樹:インクルーシブ音楽情報処理,2015-MUS-109,No.5, 2015.発表日:2015年11月7日(金沢大学サテライトプラザ,金沢)
  17. 加耒 薫,大島千佳,中山功一:対面授業で受講生が難解部分をリアルタイムに指摘するシステムの提案,電気学会情報システム研究会,IS-15-040,2015. 発表日:2015年9月11日(長崎ブリックホール,長崎)
  18. 村上 剛,大島千佳,中山功一:バランスWiiボードを用いたポインティングシステムの試作,電気学会情報システム研究会,IS-15-042,2015. 発表日:2015年9月11日(長崎ブリックホール,長崎)
  19. 山口勝己,大島千佳,中山功一:野球のバッティング練習における3DCGの効果の検証,電気学会情報システム研究会,IS-15-043,2015. 発表日:2015年9月11日(長崎ブリックホール,長崎)平成27年電子・情報・システム部門 技術委員会奨励賞
  20. 町島希美絵,石井弓子,大島千佳,細井尚人,中山功一:認知症者が継続できる作業プログラムへの取り組み,日本認知症ケア学会誌,Vol.14-1, pp.356, 2015. 発表日:2015年5月24日(札幌市教育文化会館,札幌),第16回日本認知症ケア学会大会,口頭発表,査読あり.
  21. 町島希美絵,石井弓子,大島千佳,細井尚人,中山功一:デイケア施設を利用する認知症者のための作業療法の個人化手法,第42回知能システムシンポジウム,DVD論文集,F-02, 2015. 発表日:2015年3月18日(北野プラザ六甲荘,神戸)
  22. 大島千佳:プロソディや音楽による気分誘導,関係論的システムデザイン研究センター,第8回シンポジウム・プログラム.発表日:2015年3月2日(同志社大学,京都)
  23. 大島千佳,町島希美絵,中山功一:アクティビティ・ケアとしてのピアノ・レッスン 〜達成感から得られる認知症者のQOLの向上に向けて〜,計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2014講演論文集,pp.788-793, 2014. 発表日:2014年11月21日(岡山大学,岡山)
  24. 大島千佳,原田千聡,町島希美絵,安田清,中山功一:スマートフォンを担いだ「認知症支援犬」による服薬支援の可能性,第28回人工知能学会全国大会,4E1-2,2014. 発表日:2014年5月15日(ひめぎんホール,松山)
  25. 中山功一,大島千佳,伊藤直樹,西本一志,安田清,細井尚人,奥村浩,堀川悦夫:音響を変更した音声フィードバックによる気分誘導の試み,計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会,SS6-1,2013.
  26. 大島千佳,中山功一,伊藤直樹,西本一志,安田清,細井尚人,奥村浩,堀川悦夫:MusiCuddleを利用した長調/短調の違いによる感情変化,情報処理学会研究報告,2013-MUS-100(1), 1-6,2013.
  27. 中山功一 小野雅斗 福本敬也,大島千佳,音楽によるコミュニケーションを支援するシステムに関する考察,第40回知能システムシンポジウム,計測自動制御学会,No.40, pp.13-16, 2013.
  28. 大島千佳,○中山功一,伊藤直樹,西本一志,安田清,細井尚人,堀川悦夫:MusiCuddleの試用による認知症者の発話の変化,計測自動制御学会,システム・情報部門学術講演会論文集,pp.548-553, 2012.
  29. 安田 清, 桑原 教彰, 森本 一成,中村 雅巳, 中山 功一, 大島 千佳, 青江 順一:ICT機器を搭載した認知症介助犬:Human-Computer-Animal Interfaceの提案,ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.14, No.6, pp.37-44, 2012.
  30. 中山功一,乗冨喜子,大島千佳:顔の好みの分析,人工知能学会全国大会,3B2-R-2-7, 2012.
  31. 大島千佳,伊藤直樹,西本一志,安田清,細井尚人,中山功一,堀川悦夫:常同言語を音楽により緩和するシステムの構築に向けた試用,人工知能学会全国大会,2A1-NFC-6-7, 2012.
  32. 大島千佳,伊藤直樹,西本一志,安田清,山下ひろみ,細井尚人,中山功一,奥村浩,堀川悦夫:音楽により常同言語を緩和するシステムの構築に向けて,ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.14, No.2,pp.7-12, 2012.
  33. 大島千佳,安田清,伊藤直樹,西本一志,細井尚人,中山功一:MusiCuddle: 常同言語で示される精神症状の緩和を目指したシステム,計測自動制御学会,システム・情報部門学術講演会2011講演論文集,3D4-1, pp.491-496, 2011.
  34. 大島千佳,安田清,西本一志,中山功一:認知症患者や介護者の支援を目的とした音楽システムの評価に関する検討,第64回電気関係学会九州支部連合大会(プログラム),08-1A-09, 2011.
  35. 大島千佳,○中山功一,安田清,伊藤直樹,西本一志,細井尚人,奥村浩:認知症者のための音楽療法システムの提案,第25回人工知能学会全国大会,1A1-NFC1a,2011. (PDF)
  36. 大島千佳,伊藤直樹,西本一志,細井尚人,安田清, 中山功一:常同言語や叫びを伴う認知症患者の感情を 静穏化する音楽療法支援システムの実現に向けて,ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.13, No.2, pp.29-32, 2011. 
  37. 大島千佳,○伊藤直樹,西本一志,細井尚人,安田 清,○中山功一:認知症患者の常同言語や発声に伴奏づけして患者の感情を静穏化するシステムの提案,インタラクション2011(Paper ID: 132),IPSJ Symposium Series Vol. 2011, No. 3, pp.625-628, 2011.
  38. 大島千佳,中山功一,安田清,西本一志,奥村浩:高齢者が1人でも継続できる音楽療法システムの構築に向けて,情処研報,Vol.2010-HCI-139 No.1, pp.1-8, 2010.
  39. 大島千佳,馬田一郎,伊藤禎宣,中村秀紀,遠藤 昭,中山 洋,岩澤昭一郎,鈴木幸平,安藤広志:演奏技能習得における3D映像の効能について,音楽音響研究会資料Vol.28, No.8, 2010.
  40. 馬田一郎,大島千佳,伊藤禎宣,中村秀紀,遠藤 昭,中山 洋,岩澤昭一郎,安藤広志:3D 映像が社会的インタラクションに及ぼす影響:−音楽教育における事例研究−,日本音響学会聴覚研究会資料,Vol.40,No.2,H-2010-22,2010.
  41. 大島千佳,中山功一,安藤広志:画像の臨場感を高める香料の特性について,ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.11,No.4,pp.23-28,2009.(PDF)
  42. 大島千佳,安藤広志,須佐見憲史,井ノ上直己:臨場感を高める香りを画像から推定するシステムに向けて,情処研報,Vol.2008, No.50, pp.83-88, 2008.
  43. 大島千佳,安藤広志,須佐見憲史:画像の臨場感を高める香りの付加に向けて, インタラクション2008,CD-ROM, ポスター発表(査読あり).
  44. 大島千佳,安藤広志,須佐見憲史,井ノ上直己:画像の臨場感を高める香りの選択を支援するシステムの構築に向けて,第5回知識創造支援システム・シンポジウム, 2008.(PDF)
  45. 大島千佳,安藤広志,須佐見憲史:画像の臨場感を高める香りの選択手法の提案に向けた一考察,情処研報,Vol.2008, No.11, pp.71-78, 2008.
  46. 大島千佳,須佐見憲史,安藤広志:香りを特定しにくい画像の臨場感を高める香りについて,エンタテインメントコンピューティング2007. (PDF)
  47. 大島千佳,井ノ上直己:不得手要素を克服させるピアノ学習支援システムにむけて,情処研報,Vol.2007, No.81, pp.185--190, 2007.
  48. 大島千佳,中山功一,井ノ上直己:演奏表現と道具,エンタテインメントコンピューティング2006.
  49. 大島千佳,樋川直人,西本一志,井ノ上直己:演奏学習支援における手本の表示方法に関する一考察,情処研報 Vol.2006 No.72 pp.71-78,2006.
  50. 大島千佳, 西本一志, 井ノ上直己:「あこがれの曲」をあこがれで終わらせない練習楽譜自動生成システムの提案,人工知能学会MYCOM若手の集い2006.(PDF)
  51. 大島千佳,伊藤直樹,西本一志,苗村昌秀:楽曲の技術的な敷居を低くする手法の開発に向けて,情処研報,Vol.2006, No.24, pp.57-64,2006.<情報処理学会山下記念研究賞>
  52. 大島千佳,阿部明典,西本一志:ピアノの低離鍵速度箇所に示される特性についての一考察,人工知能学会第2種研究会,ことば工学研究会資料,SIG-LSE-A503, pp.135-142,2006.
  53. 樋川直人,大島千佳,西本一志,苗村昌秀:The Phantom of the Piano:自学自習を妨げないピアノ学習支援システムの提案,IPSJ Symposium Series Vol.2006, No.4, pp.69-70, 2006.
  54. 大島千佳,西本一志,鈴木雅実:Family Ensemble:子どもの楽器練習意欲促進のための連弾支援システム,子ども学研究会,日本子ども学会,2005.(査読つき)(速記録)(レポート)(PDF)
  55. 牧野真緒,大島千佳, Rodney Berry, 樋川直人, 鈴木雅実:作曲・演奏支援システムによる体験共有の提案, 日本感性工学会,あいまいと感性研究部会,2004.
  56. 大島千佳, 西本一志, 鈴木雅実:ピアノ演奏における音楽表情と離鍵速度の関係に関する考察 〜低離鍵速度個所の特徴に関する予備的検討〜, 情処研報, Vol.2004, No.84, pp.15-20, 2004.
  57. 大島千佳,西本一志:Family Ensemble: 初心者の親と子どものための合奏システム,インタラクション2004論文集,情報処理学会シンポジウムシリーズ,Vol.2004, No.5, pp.105-112, 2004(査読つき・一般講演). <ベストインタラクティブ発表賞>
  58. 大島千佳,西本一志:創造的演奏教育支援に向けた生徒の音楽的理解と技法習得の分析,第1回知識創造支援システムシンポジウム予稿集,pp.34-41, 2004.
  59. 大島千佳,下嶋篤:ピアノ連弾における演奏プラン形成のための対話について(2),情処研報,Vol.2003, No.111,pp.65-72, 2003.
  60. 平賀瑠美,大島千佳,西本一志:Renconを外と内から眺めたら…,情処研報,Vol.2003, No.48, pp.33-38, 2003.
  61. 大島千佳,下嶋篤:ピアノ連弾における演奏プラン生成のための対話について(1),情処研報,Vol.2002, No.100, pp.1-6, 2002.
  62. 大島千佳,西本一志,宮川洋平:CiP (Coloring-in Piano),FITワークショップ「蓮根:目指せ世界一のピアニスト」,http://shouchan.ei.tuat.ac.jp/~rencon/FIT2002/index.htm, 2002. (CiP の演奏は,聴き比べコンテストで4位獲得)
  63. 西本一志,大島千佳,宮川洋平,白崎隆史:離散的情報と連続的情報の分離による音楽演奏表現の支援,情報処理学会第64回全国大会講演論文集(4),pp.4-601--4-606, 2002.
  64. 宮川洋平,白崎隆史,大島千佳,西本一志:Coloring-in Piano による2ステップ打ち込みの提案,情処研報,Vol.2001, No.125, pp.21-26, 2001.
  65. 大島千佳,宮川洋平,西本一志:Coloring-in Piano: 表情付けに専念できるピアノの提案,情処研報,Vol.2001, No.103, pp.69-74, 2001.
  66. 大島千佳,西本一志:離鍵動作の変化に基づくピアノレッスンの分析,情処研報,Vol.2001, No.82, pp.21-26, 2001.
  67. 大島千佳,西本一志,小長谷明彦:ピアノ指導方法の差異が及ぼすピアノ学習への影響について,情処研報,Vol.2000, No.94, pp. 77-84, 2000.
Expository writing
  1. 大島千佳,町島希美絵,中山功一:高齢者に意欲をもたらす活動方法と内容の個人化,人工知能学会誌,特集「超高齢社会とAI」,Vol.31, No.3, pp.343-349, 2016.
  2. 大島千佳,中山功一:音楽で継続する発話/発声を鎮める,音楽情報処理による障害者支援:情報処理,57(3), pp.266-269 (2016-02-15).
  3. 大島千佳,安田清:ICT機器を装着した犬による生活支援 -「認知症支援犬」の提案-,障がい者・高齢者と築く社会参加支援:12,情報処理,56(6),pp.567-569 (2015-05-15).
  4. 大島千佳,中山功一:画像と香りの関係からみえる人の香りに対する感性,香料,vol.261,pp.39-46, 2014.
  5. 大島千佳,KIM Dongwook,須佐見憲史:香りによる臨場感 -私のブックマーク,人工知能学会誌,Vol.24, No.4.【Web
  6. 西本一志,大島千佳:音楽と創造性,知能情報ファジィ学会論文誌,第17巻第2号,「エンタテインメントコンピューティング」特集号,pp.20-27,2005.
  7. 西本一志,大島千佳:音楽における創造的表現の支援,情報処理,Vol.44, No.8, pp.819-822, 2003.
Activities
  • 情報処理学会 論文誌ジャーナル/JIP編集委員会小委員会(情報システムグループ[Information Systems Group])編集委員 2014年6月〜
  • 電子情報通信学会ソサイエティ論文誌編集委員会 査読委員 2010年8月〜
  • 情報処理学会論文誌特集号「音楽情報処理技術の進歩とその拡がり」編集委員会委員 2014年〜2015年
  • 情報処理学会論文誌特集号「音楽情報処理の新展開(音楽情報科学研究会20周年記念特集)」編集委員会委員 2012年1月13日〜2013年4月15日
  • 情報処理学会論文誌『メディアインタラクション研究の発展』特集号編集委員会委員 2007年9月3日〜2008年12月15日
  • 情報処理学会論文誌『メディアインタラクション研究の発展(テクニカルノート)』特集号編集委員会委員 2007年10月2日〜2008年10月15日
  • 情報処理学会アクセシビリティ研究会 幹事 2016年4月〜
  • 情報処理学会アクセシビリティ研究グループ 幹事 2014年10月〜2016年3月
  • 情報処理学会音楽情報科学研究会 運営委員 2013年4月〜2015年3月
  • 情報処理学会音楽情報科学研究会 運営委員 2009年4月〜2011年3月
  • 電気学会「香りのセンシングと再現による感性マルチメディア調査専門委員会」委員 2009年4月〜2010年3月
  • 情報処理学会ヒューマンコンピュータインタラクション研究会 運営委員 2007年4月〜2011年3月
  • 情報処理学会音楽情報科学研究会 幹事 2007年4月〜2009年3月
  • 日本音響学会関西支部若手研究者交流研究発表会 実行委員 2007年
  • 日本音響学会関西支部若手研究者交流研究発表会 実行委員 2006年
  • 情報処理学会音楽情報科学研究会 運営委員 2005年4月〜2007年3月 
  • FIT2017プログラム委員
  • GLOBAL HEALTH 2017 Technical Program Committee
  • GLOBAL HEALTH 2016 Technical Program Committee
  • GLOBAL HEALTH 2015 Technical Program Committee
  • インタラクション2015プログラム委員
  • GLOBAL HEALTH 2014 Technical Program Committee
  • インタラクション2014プログラム委員
  • GLOBAL HEALTH 2013 Technical Program Committee
  • インタラクション2013プログラム委員
  • インタラクション2012プログラム委員
  • エンタテインメントコンピューティング(EC2007)プログラム委員
  • ワークショップ「研究会 in the dark -わかりあえる発表をめざして-」情報処理学会アクセシビリティ研究会,第2回研究会,2016年12月3日(国立情報学研究所,東京)
  • オーガナイズドセッション「医療・介護の専門家のアクセシビリティ向上」情報処理学会アクセシビリティ研究会,第1回研究会,2016年7月30日(国立情報学研究所,東京)
  • 大島千佳,安田清:ICT機器を装着した犬による生活支援 -「認知症支援犬」の提案-,情報処理学会アクセシビリティ研究グループ,第1回研究会情報処理学会アクセシビリティシンポジウム,チュートリアル,2015. 発表日:2015年8月22日(国立情報学研究所,東京)
  • 「SIGMUS第100回記念シンポジウム」(情報処理学会 音楽情報科学研究会 第100回研究発表会), オープニングセッション「音楽と音楽情報処理の未来」,2013年8月31日(東京大学)
  • 佐賀大学工学系研究科にて授業(ゲスト講師) 2015年1月
  • 京都産業大学理学部コンピュータ学科「先端科学特論F」授業 2006〜2009年度
  • 文教大学情報学部情報学研究科にて授業(外部講師)2006年5月31日
  • 基盤(A)(一般)「知識発見技術による身体スキルの言語化」招待講演
Since 25/May/2004
Update 14/Apr./2017